そもそもWi-Fiとは

 

今やWi-Fiは、我々の生活において欠かせない存在となりつつあります。家にいるときは据え置きのWi-Fiルーターをつなげ、街に出てれば施設内の無料Wi-Fiが利用できる世の中になりました。

このように多くの人が日常的に利用しているWi-Fiですが、そもそもWi-Fiとは一体なんなのでしょうか。

 

「Wi-Fi」とは

 

一言で言ってしまうと、Wi-Fiとは無線LAN機器のブランドです。初期の無線LAN機器は、その規格の曖昧さや相互接続試験方式がなかったことから、異なる販売元の製品間で接続ができないといった問題がしばしばありました。そこで、当時の有力な通信機器メーカーを中心にWECA(現Wi-Fi Alliance)という業界団体が設立され、相互接続が可能かどうか等を試験するプログラムを確立しました。この試験にパスした無線LAN機器に、相互接続可能の証としてWi-Fiというブランド名が与えられ、全世界へと普及していったのです。

 

「Wi-Fi」の仕組み

 

普段私たちが何気なく利用しているWi-Fiですが、その仕組みはどうなっているのでしょうか。皆さんがWi-Fiをまだ使っていなかった頃、インターネットに接続するためにはパソコンに固定回線を、ケーブルを介して直接繋げる必要がありました。

しかし、固定回線のケーブルをWi-Fi機器に繋げることで、離れた場所にあるパソコンにケーブルを繋げずとも、ネットサーフィンを楽しむことができるようになります。さらに、Wi-Fiは電波によりネット回線を繋げているので、一定範囲にある複数の端末機器(パソコン、スマホ、プリンタ等)も同様に、同時に繋げることが可能です。このように、Wi-Fiは電波を飛ばすことによりネットと端末機器間の仲介役として働きます。

 

「Wi-Fi」でできること

 

Wi-Fiで出来ることは、大きく分けて2つあります。一つ目は、「ネット回線への接続」です。Wi-Fiルーターをひとつ置けば、その電波範囲内にあるパソコンやスマホ、ゲーム機器、テレビ等、全てにネット回線を繋ぐことができます。ゲーム機に繋げば世界中の人と対戦ができたり、追加配信コンテンツをダウンロードしてよりゲームを楽しむことができます。テレビと接続すればネットで配信されている番組・動画をテレビの大画面で視聴することができます。また、モバイルWi-Fi(持ち運び可能な小型のWi-Fiルーター)を持っていれば、屋外に出てもスマホやパソコンにネット回線を繋げることができます。

二つ目は、「データの共有」です。データ共有とは、同一のWi-Fiに接続している端末機器同士でデータのやり取りを行うことです。例えば、スマホで撮った写真をパソコンでダウンロードしたり、リビングで録画した番組を寝室のテレビで見ることができます。

 

「Wi-Fi」のメリット

 

(1) 配線・接続に気を使う必要がない

ここまでで何度も書いてきましたが、Wi-Fiはケーブルを必要としません。パソコンもスマホも家電製品もワイヤレスで全て繋がるので、置き場所に困ることがありません。また、最近のルーターは、ほぼワンタッチで端末機器に接続できる機能があるので、初心者でも簡単にWi-Fi接続できるようになっています。

(2) 通信速度の高速化

スマホ単体でネット回線に繋ぐ場合、4Gと呼ばれるモバイルキャリアが提供する回線を使用します。4G回線は電波局から広範囲に安定した電波を発信しているのに対して、Wi-Fiは発信電波の範囲を狭めることで通信の高速化を図っています。

(3) 使用ギガ数を気にしなくていい

先に記述した4G回線は広範囲に安定した電波を発信するメリットがありますが、通信容量に制限が設けられている場合があり、制限を超えると通信速度が大幅に落ちてしまいます。対してWi-Fiは通信容量に制限がないので、動画視聴やアプリをダウンロードする時はWi-Fiに接続することで使用ギガ数を抑えることができます。

(4) あらゆるWi-Fi家電と接続できる

Wi-Fi環境の普及に伴い、Wi-Fi機能を搭載した家電製品が続々と登場しています。例えば、Wi-Fi機能を搭載した電球はスマホから光量を調節することができ、Wi-Fi対応の体重計は乗るだけで体重、体脂肪率、BMI等をリアルタイムでスマホに記録してくれます。さらには、外出先からスマホで、玄関の鍵の施錠・開錠ができてしまう商品などもあります。

 

「Wi-Fi」のデメリット

 

(1) ルーターの設置場所に注意

Wi-Fiルーターの性能は、設置場所によっては十分に引き出せなくなる場合があります。ルーターが発する電波は、周りの障害物の材質や、障害物を通り抜ける回数によって弱まってしまいます。例えばコンクリートの壁や、水の入った水槽・花瓶等の近くに置くと、電波を弱める原因となるので注意が必要です。

(2) スマホの電池消費に注意

スマホなどのモバイル端末は、Wi-Fi接続を利用しているとバッテリー消費が増大してしまうことがあります。そのため、スマホを使用していないときはWi-Fi接続をオフにするなど、こまめな対応が必要になります。

(3) 不正アクセスに注意

購入したばかりのWi-Fiルーターは、初期設定のままだとIDやパスワードが単純なものになっていることが多いので、第三者に不正アクセスされてしまう可能性があります。そうなると、例えばパソコンやスマホのデータを盗まれたり、回線自体をサイバー犯罪に利用されてしまう可能性があるので、IDやパスワードといったセキュリティ関連の設定をおろそかにしないようにしましょう。また、同様の理由で公共のフリーWi-Fiにも注意が必要です。フリーWi-Fiは大変便利ですが、公開元が信頼できるかどうか、しっかり確認したうえで接続しましょう。

 

「Wi-Fi」を使う際に気を付けること

 

(1)ルーターを置く際は、できるだけ障害物の少ない場所に置きましょう。電波は同心円状に発信されるので、部屋の中心付近に置けば隅々まで電波がいきわたります。

(2)セキュリティ関連には気を付けましょう。IDとパスワードは初期設定から変えて、フリーWi-Fiを利用する時も発信元を確認するようにしましょう。