WiMAX2+とLTEの違いとは。それぞれの特徴を比較

 

WiMAX2+とLTEはどちらもスマートフォンを利用する際に使う通信方式ですが、このふたつの違いを知っている人は多くないと思います。WiMAX2+とLTEの違いを知っておくと、両者を使い分けることでスマートフォンをさらに有効に利用することができます。そこで今回は、WiMAX2+とLTEの特徴と違いを、様々な観点から比較してみようと思います。

 

WiMAX2+とは

 

WiMAX2+はUQコミュニケーションズにより、従来のWiMAX電波に代わる高機能の通信方式として2015年より運用が開始された通信回線です。従来のWiMAX回線に比べ高速通信が可能になり、利用可能範囲も年々拡大しています。

 

LTEとは

 

LTEとは「Long Term Evolution」の略称であり、もともとは3G回線から4G回線へ移行する際のつなぎの回線として開発されたものでした。かつてはLTEの事を3.9Gと呼んだりもしていましたが、ならばLTEよりも4G回線のほうが優れているのかというとそうではなく、両者の性能にほとんど差はないので、今では世界的に4G=LTEという図式が成り立っています。開発当初こそ両者は区別されていましたが、現在は4GLTEという呼称もあり、4GとLTEはまったく同じものとして考えて問題ありません。

 

電波の届く範囲は?

 

利用可能範囲を比較すると、WiMAX2+よりもLTEの方が広い範囲で電波が届きます。WiMAX2+はまだ山間部の整備が進んでおらず、山間の地域では電波が入らないエリアもあるようです。年々拡大しているといっても、山間部のエリア開発はコストも多大に掛かるため急速な拡大は難しい様です。

 

通信速度は?

 

利用地域や周辺環境により通信速度は大幅に変動しますので一概には言えませんが、一般的なLTEの最大下り通信速度が100~200Mbpsに対して、WiMAX2+は最大1Gbps強となっています。ベストエフォート型なので必ずしも1Gbpsが出るわけではありませんが、WiMAXは他のモバイルルーターに比べると圧倒的な通信速度を誇っています。

 

繋がりやすさは?

 

WiMAX2+の電波は大雑把に言うと実はLTE電波に属しています。ではWiMAX2+とLTEでは何が違うのかというと、その周波数帯です。簡単に言うと、WiMAX2+は高い周波数帯、LTEは低い周波数帯を使っています。この周波数帯の高低で何が違ってくるのかというと、電波の繋がりやすさが変わってきます。結論から言うと、低周波数(LTE)の方が繋がりやすいです。なぜかというと、高周波数の電波は直進性が強く、ビルや山などの障害物があるとぶつかって減退してしまいますが、低周波数の電波は直進性が弱く障害物を回り込みやすいのと、コンクリートを透過しやすいといった特徴があるからです。

 

WiMAXのメリットは?

 

次に、WiMAX特有のメリットを紹介します。WiMAXの魅力として大きいのが、データ通信量の制限が緩いことです。LTE電波を利用しているとすぐに通信制限に引っかかってしまうことがあると思いますが、WiMAX2+では通信量無制限、もしくは3日で10Gといった緩い制限があるだけです。10Gを超えてしまっても制限自体は1日で解除されます。

 

LTEのメリットは?

 

LTEのメリットは、先ほどから書いているようにその利用地域の広さと安定性です。LTEはもともと携帯電話用に開発されていたこともあり、WiMAX2+でも届かないような山間の地域でも利用が可能となっています。これはLTE電波を飛ばしている基地局が多く、電波の届く距離が半径数100メートルから数キロメートルと広いためです。

 

WiMAXのLTEオプション

 

WiMAXにはLTEオプションというサービスがあります。これはWiMAXで「ハイスピードプラスエリアモード」という機能が使えるようになるオプションです。「ハイスピードプラスエリアモード」を利用すると、WiMAX2+と携帯電話通信網の4GLTE回線を併用し、WiMAX2+回線では圏外だった地下や山間部といった地域でもインターネット接続が出来るようになります。ただしこのモードにはいくつか注意点があります。ひとつは、一度でも利用すると月額料金が発生する点です。一度も利用しなければ料金は発生しませんが、一瞬でも繋いでしまうとその月は月額料金が発生してしまうので注意が必要です。また、月7Gの通信制限が設けられており、この制限を超えてしまうとハイスピードプラスエリアモードを解除しても、本来の通信制限である3日で10Gは関係なしに、その月は通信制限が解除されません。

 

まとめ

 

WiMAX2+とLTEの違い、特徴をまとめてみました。通信可能エリア、安定性などはLTEが勝っていますが、WiMAX2+にはデータ通信制限が緩いという大きな魅力があります。WiMAX2+の電波が届かないところではLTEを、大きなデータを通信する時はWiMAX2+のように、場合に御おじて使い分けるのが賢い使い方ではないでしょうか。また、WiMAXにはハイスピードプラスエリアモードという機能もあるので、月額料金や通信制限といった注意点に気を付けながら利用してもいいかもしれません。

 

WiMAXとWiMAX2+の違いを比較して解説

 

みなさんはWiMAXという言葉を聞いたことがありますか?テレビを見る人はCMでよく耳にしていると思います。では、WiMAX2+というものもあるのはご存じですか?近年徐々に普及率も上がってきていますので、自分で使っていなくても友人、知人が使っているのを見たことある人もいるのではないでしょうか。

ここでは、両者の違いを比較しながら分かりやすく簡単に説明していきたいと思います。WiMAXに興味はあるけどよく知らないという人や、現在WiMAX回線を利用していてWiMAX2+への移行を迷っているという人は、ぜひ一読していただけると幸いです。

 

「WiMAX」とは

 

そもそもWiMAXとはなんなのでしょうか。WiMAXとは、正式名称を「Worldwide Interoperability for Microwave Access」といい、無線通信技術の規格の一つです。WiMAX Forumという企業団体がIEEE規格をベースに仕様の策定や相互通信試験を行い、試験にパスした機器をWiMAX通信機器として認定しています。

日本では2009年にKDDIグループのUQコミュニケーションズがこの通信網を利用し「UQ WiMAX」サービスを開始、普及させていきました。現在、UQコミュニケーションズでは「UQ WiMAX」というモバイルルーターも取り扱っており、こちらも略してWiMAXと呼ばれています。

WiMAXの特徴として、WAN(Wide area network)接続による屋内外を問わない高速なインターネット接続があります。Wi-Fiルーターとは異なり、基地局から直接電波を受け取る方式なので、自宅内やオフィス内といった限られた範囲ではなく、広い範囲で電波の受信が可能となります。ちなみにWiMAX回線は2020年度いっぱいでサービス停止し、次に紹介するWiMAX2+に完全移行することが決まっています。

 

「WiMAX2+」とは

 

WiMAX2+は2013年に運用が開始された通信回線であり、2015年に今までのWiMAXの周波数帯域の一部をWiMAX2+に割り当て、さらに本格的なサービス提供が開始されました。基本的には旧来のWiMAXと同じですが、通信速度が大きく向上しています。こちらの回線はWiMAXと異なり現時点での停波予定はありません。

 

「WiMAX」と「WiMAX2+」の比較

 

では、WiMAXとWiMAX2+ではどのような点が変わったのか具体的に見ていきましょう。

・通信速度

先に紹介した通り、WiMAXとWiMAX2+ではその通信速度に大きな差があります。旧来のWiMAXの通信速度は下り最大13.3Mbps、上り最大15.4Mbpsであったのに対し、WiMAX2+は下り最大558Mbps、上り最大30Mbpsと、下り速度に関して大きく進化しており、ホームページの表示や動画の表示に必要な受信速度が10倍以上も速くなっています。

・利用可能エリア

WiMAX2+は後発のサービスでありながら年々利用可能範囲を拡大しており、基地局も全国に3万局以上あり、人口カバー率は99%を達成しています。逆にWiMAXは停波が決まっているため、サービス自体が縮小しており、人口カバー率はすでにWiMAX2+に抜かれています。ただし、WiMAX2+の電波は障害物に弱く、山間部や地下などでは届かない可能性もあるので注意が必要です。

・通信制限

次に、通信制限について紹介します。スマホで頻繁に動画を視聴する人にとっては、通信制限の有無は気になるところだと思います。まず、旧来のWiMAXには通信制限はありませんでしたが、WiMAX2+は3日間のデータ通信速度が10Gを超えると混雑回避の為の速度制限がかかるようになります。ただし、速度制限は直近3日間のデータ通信量が10Gを下回れば解除されますので、10Gを超えてしまった場合はWiMAXでのデータ通信を抑えれば、最短1日で解除されます。この制限さえ守れば、月、年単位でみれば無制限にデータ通信ができますので、3G、4GLTE回線と使い分けることでより有効に活用することができます。

 

「WiMAX」から「WiMAX2+」に乗り換えるには?

 

旧WiMAX回線は現在縮小しており、速度もかなり遅くなってしまっていますので、基本的には乗り換えがおすすめです。ここからは、WiMAXからWiMAX2+への乗り換え方法を紹介します。

一番簡単な方法は、現在のプロバイダを解約して、新しく契約しなおすというものです。各プロバイダで様々ですが、キャッシュバックがあったり、割引があったりと特典が多いので、比較的安く変えることが可能です。

WiMAXはプロバイダの数がとても多いですが、どのプロバイダを選んでも利用可能地域、通信速度は変わらないので、例えばキャッシュバックや割引を含めた月々の支払金額などで判断すると良いかもしれません。あくまで一例なので、その他の要素も比較しながら自分に合ったプロバイダを選ぶことをお勧めします。

 

まとめ

 

2009年に運用が開始されたWiMAXは、2013年のWiMAX2+サービス開始に伴い年々縮小化し、反対にWiMAX2+は通信エリアを拡大しています。

通信速度もWiMAXに比べWiMAX2+は大幅に向上しており、通信制限こそあるものの直近3日間で10Gというものであり、制限も最短1日で解除されます。スマホなら3G、4GLTEと併用することでほぼ無制限で利用することも可能です。

また、旧来のWiMAXは2020年に停波発表がされており、現在はほとんWiMAX2+がWiMAXに取って代わっています。現在、新しく契約する人は必然的にWiMAX2+への契約になりますが、もし旧来のWiMAX回線を使用している方は、WiMAX2+への乗り換えを考えてみてはどうでしょうか。