W06とWX05を比較、それぞれの特徴とは

WiMAXには現在最新機種として、2018年11月に発売されたSpeed Wi-Fi Next WX05と2019年1月に発売されたSpeed Wi-Fi Next W06があります。機種をどちらにしようか悩んでいる人もいるのではないでしょうか。今回はW06とWX05の違いやそれぞれの特徴を比較して、どちらがどのような人にお勧めなのか紹介したいと思います。

W06とWX05の比較

(1)通信速度

まずは通信速度から比較します。それぞれの数字を見てみると、WX05は下り最大440Mbps、上り最大75Mbpsなのに対し、W06は下り最大1.2Gbps、上り最大75Mbpsとなっています。上り最大通信速度(アップロード時)は互角ですが、下り最大通信速度はW06が1.2Gbpsと高い数字を出しています。

 

(2)連続通信時間

連続通信時間は、WX05は連続約14時間、W06は最大連続約11時間40分となっています。連続通信時間はWX05の方が長いですね。ちなみにハイパワーモード(電波状況が悪いときに送信パワーを上げて通信速度を約20%改善する技術)でもWX05は約8時間連続で通信可能なのに対し、W06の連続通信時間は約5時間となっています。

 

(3)バッテリー交換

モバイルバッテリーを長い期間使っているとバッテリーが劣化して連続通信時間がだんだんと短くなってしまいます。そんな時の対処法として出てくるのがバッテリー交換ですね。WX05はなんと自分でバッテリー交換ができるので、修理に出す必要がありません。バッテリーを購入する手間はありますが、交換自体は簡単にできます。一方でW06のほうは自分でのバッテリー交換はできないようです。もしバッテリーが劣化してきたらメーカーに対応してもらうことになるようです。

 

(4)同時接続台数

Wi-Fi機能は、電波範囲内なら複数の端末で同時接続可能なのも大きな魅力です。しかしルーターの機種によってその同時接続可能台数は決まっており、あまり多くの端末で同時に接続すると通信速度が低下してしまいます。ではWX05とW06はそれぞれ何台までの同時接続か可能なのかというと、WX05は10台、W06は16台となっています。同時に接続する端末が多い場合は、W06の方が通信速度は低下しにくいかもしれません。ちなみにUSBポートはどちらも一つずつで同じです。

・WX05、W06が持つ特有の機能

次にWX05とW06それぞれの特徴や特有の機能について紹介します。

WX05

・Wi-Fiビジュアルステータス

WX05には「Wi-Fiビジュアルステータス」という新機能が付いています。この機能を簡単に説明すると、「混んでいる、空いている電波チャンネルを表示して、自分で繋ぐ電波を選べる機能」です。WX05が選べるチャンネルは1ch、6ch、11chの3つで、空いているチャンネルを選択することで通信速度を上げることができます。

・Wウィングアンテナ

WX05の専用クレードルには「Wウィングアンテナ」という高性能なアンテナが搭載されています。Wウィングアンテナにより電波の受信感度が向上し、通信が安定します。

W06

・ハイモードアンテナ搭載

W06は内部にハイモードアンテナという強力なアンテナを内蔵しており、電波感度を高めています。これにより今までWiMAX2+の電波が繋がりにくい制限があった場所でも、訳20%の電波感度の向上に成功しています。

・クレードルの廃止

W06は他の機種とは違い専用クレードルはありません。これは今までより有線LAN接続のニーズが減少していることと、クレードルのアンテナによる電波感度の向上はハイモードアンテナを搭載することで代替できることによります。しかしクレードルに対応していないというわけではなく同じHUAWEI製のW04とW05のクレードルには設置可能ですが、LANケーブル接続はできないので注意してください。

WX05、W06の特徴まとめ

それでは、ここまで書いたWX05とW06の特徴をまとめてみたいと思います。

  • WX05

・通信速度は遅くはない(下り最大440Mbps、上り最大75Mbps)

・バッテリーが長持ち(最大14時間)

・自分でバッテリーの交換が可能

・同時接続台数は10台

・Wi-Fiビジュアルステータスにより空いている電波を選択可能

・専用クレードルのWウィングアンテナで電波受信感度向上

  • W06

・高速通信が可能(下り最大1.2Gbps、上り最大75Mbps)

・バッテリーの持ちは少し短め(連続約11時間40分)

・バッテリー交換不可(メーカー対応)

・同時接続台数16台

・ハイモードアンテナ搭載

・専用クレードル廃止(W04、W05のクレードルには設置可能、LANケーブル接続不可)

おすすめする人物像

WX05はバッテリーの持ち時間が、W06は高速通信が魅力だとわかりました。もしWX05とW06で悩んでいるのなら、バッテリーの持ち時間が10時間以上は安定して欲しい人ならWX05、もしそうでないなら安定した高速通信が可能なW06をお勧めします。