WiMAXとSoftBank Airの比較、それぞれの違いと特徴とは

 

WiMAXとSoftBank Air、どちらも初期工事無しで使えるインターネット回線として人気のサービスです。どちらもサービス内容は似ていますが、では通信速度や利用可能エリアは違うのでしょうか。今回は、両者の特徴と違いを紹介したいと思います。

 

WiMAXとは

WiMAXとは、正式名称を「Worldwide Interoperability for Microwave Access」という無線通信技術で、UQコミュニケーションズによりUQ WiMAXというモバイル通信回線として提供されているサービスです。日本でWiMAXの運用が始まったのは2009年からで、2013よりさらに高性能のWiMAX2+という上位互換のサービスも始まり、現在まで急速に普及してきました。

 

SoftBank Airとは

SoftBank AirとはSoftBankが提供しているインターネット通信回線のサービスです。WiMAXよりさらに後発で2015年12月から始まった、まだ新しいサービスとなります。

 

それぞれの特徴・メリット

(1)初期工事不要

WiMAX、Softbank Airは両方とも、光回線とは違い初期工事が必要ないというというメリットがあります。どちらもレンタルした端末をコンセントに繋ぐだけで、即日で無線LAN接続によるインターネット利用が可能になります。

 

(2)料金

WiMAX、 Softbank Airを自宅の固定回線とする場合、光回線などの他の回線に比べて低コストにすることができます。固定回線の月額料金は一般的に月4000円~6000円程度なのと比べ、WiMAXは、プランやプロバイダにもよりますが月4000円程度で済みます。Softbank Airの場合は初期費用3000円、最初の12か月は月額3800円、13か月目以降は月額4800円となります。また、双方ともにスマホとのセット割があり、WiMAXの場合はauのスマホとセットで月額料金が安くなり、Softbank Airの場合はSoftbankのスマホとセットで安くなるという割引サービスがあります。

ちなみに、WiMAXの契約期間はプランによりますが2年もしくは3年、Softbank Airの契約期間は2年となっています。どちらも更新月以外での解約は高額な違約金が発生してしまいます。

(3)通信速度

WiMAXはその通信速度にも定評があります。その最高速度は最大1.2Gbpsで光回線の1Gbpsを上回ります。一方でSoftbank Airは最新機種で下り最大480Mbps程度となっています。どちらもベストエフォート型のサービスなので必ずしもこの最高速度が保証されるわけではありませんが、電波状況の良いエリアでは十分な通信速度が約束されます。

 

(4)利用可能エリア

現在主流のWiMAX2+は基地局も全国に3万局以上あり、人口カバー率は99%を達成しています。年々利用可能範囲を拡大してはいますが、電波の特徴として障害物に弱く、山間部や地下などでは届かない可能性もあるので注意が必要です。

SoftBank  Airの対応エリアは、ソフトバンクの携帯電話のエリアとは異なります。なので、ソフトバンクの携帯電話が使える場所でも、SoftBank Airはエリア外となる可能性があります。利用可能エリアは年々拡大してはいますがまだ新しいサービスなので、公式ホームページのSoftbank Airの速度情報から住所で調べてみると良いでしょう。ただし、もしエリア範囲外であるとSoftbank Airの契約自体をすることができません。

 

(5)自宅以外での利用

WiMAXは小型のモバイルルーターを持ち歩くことで外出先でもWiMAXでのインターネット接続が可能になります。一方でSoftbank Airは契約住所以外での使用はできません。契約住所が自宅の場合、外出先に持っていっても利用できないので注意してください。

 

(6)通信制限

WiMAXは契約プランにもよりますがデータ通信制限が緩く設定されています。通信制限は3日間で10G程度であり、10Gを超えてしまっても制限自体は1日で解除されます。スマホで動画を視聴したり通信量の多いデータをダウンロードする際に利用することでデータ通信量の節約することができます。

Softbank Airには通信制限はありません。月ごとの上限がないのでデータ通信量に気を配る必要なくネットサーフィンを楽しむことができます。ただし、「音声通話やテレビ通話、画像や動画ファイルの受信、動画閲覧等のコンテンツに対して通信規制を行う可能性がある」と公式サイトで公言されているので、場合によっては通信規制が発生することがあるのを考慮に入れておいて下さい。

 

どんな人におすすめ?

ではWiMAXとSoftbank airはどんな人にお勧めなのでしょうか。

月額料金や通信速度を比べるとWiMAXに軍配が上がりますが、Softbank Airは通信制限が無制限であるのが魅力的です。WiMAXとSoftbank Airで最も顕著な違いは、外出先でも利用可能かどうかです。WiMAXは小型のルーターを持ち運ぶことで屋外でもインターネット接続が可能になりますが、Softbank Airは契約住所内でしか利用できません。また、現時点ではWiMAXの方が利用可能地域も広く、利用者数も多い状況です。以上の事から、総合的にはWiMAXがおすすめですが、Softbankユーザーでインターネットは自宅専用でかまわないという人にはSoftbank Airがおすすめできます。