WiMAX2+とLTEの違いとは。それぞれの特徴を比較

 

WiMAX2+とLTEはどちらもスマートフォンを利用する際に使う通信方式ですが、このふたつの違いを知っている人は多くないと思います。WiMAX2+とLTEの違いを知っておくと、両者を使い分けることでスマートフォンをさらに有効に利用することができます。そこで今回は、WiMAX2+とLTEの特徴と違いを、様々な観点から比較してみようと思います。

 

WiMAX2+とは

 

WiMAX2+はUQコミュニケーションズにより、従来のWiMAX電波に代わる高機能の通信方式として2015年より運用が開始された通信回線です。従来のWiMAX回線に比べ高速通信が可能になり、利用可能範囲も年々拡大しています。

 

LTEとは

 

LTEとは「Long Term Evolution」の略称であり、もともとは3G回線から4G回線へ移行する際のつなぎの回線として開発されたものでした。かつてはLTEの事を3.9Gと呼んだりもしていましたが、ならばLTEよりも4G回線のほうが優れているのかというとそうではなく、両者の性能にほとんど差はないので、今では世界的に4G=LTEという図式が成り立っています。開発当初こそ両者は区別されていましたが、現在は4GLTEという呼称もあり、4GとLTEはまったく同じものとして考えて問題ありません。

 

電波の届く範囲は?

 

利用可能範囲を比較すると、WiMAX2+よりもLTEの方が広い範囲で電波が届きます。WiMAX2+はまだ山間部の整備が進んでおらず、山間の地域では電波が入らないエリアもあるようです。年々拡大しているといっても、山間部のエリア開発はコストも多大に掛かるため急速な拡大は難しい様です。

 

通信速度は?

 

利用地域や周辺環境により通信速度は大幅に変動しますので一概には言えませんが、一般的なLTEの最大下り通信速度が100~200Mbpsに対して、WiMAX2+は最大1Gbps強となっています。ベストエフォート型なので必ずしも1Gbpsが出るわけではありませんが、WiMAXは他のモバイルルーターに比べると圧倒的な通信速度を誇っています。

 

繋がりやすさは?

 

WiMAX2+の電波は大雑把に言うと実はLTE電波に属しています。ではWiMAX2+とLTEでは何が違うのかというと、その周波数帯です。簡単に言うと、WiMAX2+は高い周波数帯、LTEは低い周波数帯を使っています。この周波数帯の高低で何が違ってくるのかというと、電波の繋がりやすさが変わってきます。結論から言うと、低周波数(LTE)の方が繋がりやすいです。なぜかというと、高周波数の電波は直進性が強く、ビルや山などの障害物があるとぶつかって減退してしまいますが、低周波数の電波は直進性が弱く障害物を回り込みやすいのと、コンクリートを透過しやすいといった特徴があるからです。

 

WiMAXのメリットは?

 

次に、WiMAX特有のメリットを紹介します。WiMAXの魅力として大きいのが、データ通信量の制限が緩いことです。LTE電波を利用しているとすぐに通信制限に引っかかってしまうことがあると思いますが、WiMAX2+では通信量無制限、もしくは3日で10Gといった緩い制限があるだけです。10Gを超えてしまっても制限自体は1日で解除されます。

 

LTEのメリットは?

 

LTEのメリットは、先ほどから書いているようにその利用地域の広さと安定性です。LTEはもともと携帯電話用に開発されていたこともあり、WiMAX2+でも届かないような山間の地域でも利用が可能となっています。これはLTE電波を飛ばしている基地局が多く、電波の届く距離が半径数100メートルから数キロメートルと広いためです。

 

WiMAXのLTEオプション

 

WiMAXにはLTEオプションというサービスがあります。これはWiMAXで「ハイスピードプラスエリアモード」という機能が使えるようになるオプションです。「ハイスピードプラスエリアモード」を利用すると、WiMAX2+と携帯電話通信網の4GLTE回線を併用し、WiMAX2+回線では圏外だった地下や山間部といった地域でもインターネット接続が出来るようになります。ただしこのモードにはいくつか注意点があります。ひとつは、一度でも利用すると月額料金が発生する点です。一度も利用しなければ料金は発生しませんが、一瞬でも繋いでしまうとその月は月額料金が発生してしまうので注意が必要です。また、月7Gの通信制限が設けられており、この制限を超えてしまうとハイスピードプラスエリアモードを解除しても、本来の通信制限である3日で10Gは関係なしに、その月は通信制限が解除されません。

 

まとめ

 

WiMAX2+とLTEの違い、特徴をまとめてみました。通信可能エリア、安定性などはLTEが勝っていますが、WiMAX2+にはデータ通信制限が緩いという大きな魅力があります。WiMAX2+の電波が届かないところではLTEを、大きなデータを通信する時はWiMAX2+のように、場合に御おじて使い分けるのが賢い使い方ではないでしょうか。また、WiMAXにはハイスピードプラスエリアモードという機能もあるので、月額料金や通信制限といった注意点に気を付けながら利用してもいいかもしれません。

 

Wi-FiとLTEの違いとは?それぞれの特徴を解説

 

皆さんはWi-Fi回線とLTE回線の違いとはなにかご存じでしょうか。今や私たちの生活にはかかせないツールとなっているスマホやタブレットといったモバイルデバイスですが、案外、その回線の細かな違いを知らない人も少なくないのではないでしょうか。

両者の回線の違いを理解していると、スマホやタブレットをより賢く使うことができるようになります。今回はWi-Fi回線とLTE回線の違いをいくつか分かりやすく紹介していきますので、ぜひスマホやタブレットを活用する際の参考にしてみてください。

 

Wi-Fiとは

 

Wi-Fiとはケーブルを用いずにワイヤレスでLAN接続する通信規格のひとつです。Wi-Fi無線ルーターから発信される電波により、スマホやタブレットといったモバイルデバイスから、パソコンやプリンターなどの大きな機器まで同時にネット回線に接続し、機器間でのデータのやり取りを可能にします。

現在ではWi-Fiルーターを小型化し持ち歩けるようにしたモバイルWi-Fiルーターや、カフェやコンビニ、公共施設に多く設置されている公衆無線LANなどもあり、外出先でも手軽にWi-Fiを使ってネットに繋ぐことができます。他にも、スマホのデータ通信量を気にせずに動画を視聴出来たり、ゲームでネット対戦が出来たりもします。

 

3G・4G・LTEとは

 

3G、4G、LTEとは、docomoやauといった携帯電話の基地局から発せられる電波のことです。そもそも3G、4G、LTEとは何なのでしょうか。

3G、4GのGとは「Generation」の頭文字です。「Generation」は「世代」を意味し、3Gは第3世代、4Gは第4世代の通信回線であることを表します。もちろん1G、2G回線からの進化の系譜であり、数字が大きくなるにつれて通信方式や通信速度など、様々な性能が向上しています。

ただし電波範囲や音声通話に関しては3Gのほうが優秀で、4Gが届かない地域では自動的に3G回線に接続されます。これにより、通信速度は落ちますが、4G回線が圏外の場所でもネットに繋ぐことができます。またLTEは「Long Term Evolution」の略称であり、直訳すると「長期的進化」という意味になります。

これは、LTEが元々3G回線から4G回線へ移行する際のつなぎの回線として開発されたものであり、かつてはLTEの事を3.9Gと呼んだりもしていました。ならばLTEよりも4G回線のほうが優れているのかというとそうではなく、両者の性能にほとんど差はないので、今では世界的に4G=LTEという図式が成り立っています。

開発当初こそ両者は区別されていましたが、現在は4GLTEという呼称もあり、4GとLTEはまったく同じものとして考えて問題ありません。

さらに最近ではVoLTEという回線も登場しています。これは「Voice over LTE」の略であり、音声通話に対応したLTE回線です。今までは4G(LTE)は音声通話網も持たず、3G回線を併用することで音声通話を可能にしていましたが、VoLTEの導入により4G(LTE)回線で全てをカバーできるようになりつつあります。

そして、2020年には5G回線の運用が開始されるという話もでています。通信回線の向上はもちろん、低コスト、低遅延、信頼性の向上などが期待されています。

 

Wi-FiとLTEの大きな違い

 

Wi-Fi回線と3G、4G(LTE)回線は、どちらも無線通信の回線という点では同じではありますが、それぞれの特徴を軸に比較してみると違いが明らかになります。

(1)通信範囲

Wi-Fiは、Wi-Fiルーターから発信される電波をスマホやタブレットが受信することでネットに接続できます。この電波ですが、だいたい100m程度までなら離れていても受信できます。しかし、Wi-Fiの電波は障害物の影響を受けやすく、コンクリートの壁や水の入った水槽、電子レンジなどが近くにあると極端に減衰してしまいます。対して3Gや4G(LTE)は、携帯電話キャリアの基地局から発せられる電波であり、受信可能範囲は10kmにも及びます。基地局もあらゆる場所に設置されていますので、今では電波が届かないところのほうが珍しくもなりました。ただし、3Gは人口カバー率がほぼ100%なのに対し、4G(LTE)は現在急速に拡大中ではありますが、人口カバー率は3Gには及びません。また、3Gは障害物に強い電波であるのに対し4G(LTE)はWi-Fiと同様、障害物により減衰してしまう傾向があります。

(2)通信速度

通信速度に関しては、圧倒的にWi-Fi回線が速いです。Wi-Fiに次いで、4G(LTE)、3Gの順番になります。Wi-Fi回線は、据え置きのルーターの場合、光回線のような有線回線に接続されるので、必然的に速度も速くなります。ただしモバイルWi-Fiの場合は、4G(LTE)のような携帯電話の通信網を利用しているため、据え置きのものに比べ通信速度は落ちます。4G(LTE)回線も年々通信速度は上がってきていますが、通信環境や地域によってはその速度が十分に発揮されないこともあります。

(3)通信制限

現在4G(LTE)を主流としているキャリアでは、その通信量に制限があり、一定の通信量を超えると制限がかかり通信速度が大幅に低下してしまいます。それに対しWi-Fi回線には基本的に通信制限は存在しません。ただし、モバイルWi-Fiの場合は、制限自体は1日で解除されますが、通信制限が存在しますので注意が必要です。

 

Wi-Fi、LTEの特徴を活かして上手に活用しよう

 

通信範囲、通信速度、通信制限について、それぞれの特徴を紹介しました。これらの特徴を活かせば、例えば家ではWi-Fiを使い、Wi-Fi電波の届かない屋外では4GLTEに繋いで通信量や通信料金を節約することもできます。外出先でも頻繁にネット接続する人は、モバイルWi-Fiと4G(LTE)を併用して通信量を抑える手もあります。

このように自分の生活スタイルに合わせた活用法を見つけて、よりスマートなネットライフを送りつつ、来たる5G回線時代を楽しみに待ちましょう。