Wi-Fiの速度を上げる方法、Wi-Fiの速度が遅い場合の対処法

 

今やWi-Fiは、我々の生活において欠かせない存在となりつつあります。家にいるときは据え置きのWi-Fiルーターを繋ぎ、街に出てれば施設内の公衆無線LANが利用できる世の中になりました。Wi-Fiは確実に、私たちのインターネットライフをより良いものにしてくれています。

しかし、あなたはWi-Fiの通信速度が遅いと感じたことはありませんか?Wi-Fiの通信速度が遅くなっているのには原因があり、その大半は対処可能なものだったりします。ここでは、Wi-Fiの通信速度の低下の原因とその対処法をいくつか紹介います。遅くなったことは無いという方も、後学の為にとでも記事を読んで参考にしていただけたら幸いです。

 

Wi-Fiが遅くなる原因と対処法について

 

Wi-Fiが遅くなる原因を紹介する前に、事前知識としてまずWi-Fiの仕組みについて説明します。
Wi-Fiには親機と子機の関係があります。Wi-Fiルーターが親機、みなさんが使っているスマホやパソコンが子機に当たります。Wi-Fiは親機であるルーターに固定回線を繋いで、そこから電波を飛ばすことで、電波範囲内にある複数の子機に同時にネット接続することができます。これにより皆さんは別々の部屋でWi-Fi回線に繋げたり、子機同士でデータを共有することができるのです。ではここから、Wi-Fiが遅くなる原因と対処法を紹介していきます。

 

・ルーターの置き場所

まず見てほしいのが、Wi-Fiルーターの置き場所です。Wi-Fiルーターの周りに物を多く置いていませんか?Wi-Fiの電波は障害物を通り抜けることはできますが、その材質や通り抜ける回数で極端に減衰してしまう事があります。また、Wi-Fiルーターの近くに電子レンジや無線電話機、水の入った水槽、花瓶はありませんか?これらもWi-Fiルーターから発信される電波を弱めてしまう原因になります。電子レンジから発せられる電磁波は非常に強力なもので、電子レンジから漏れ出た電磁波でも、Wi-Fiルーターにはノイズになってしまいます。(逆に、Wi-Fiの電波は電子レンジの電磁波と比べ非常に小さいので、電子レンジに影響を与えることはありません。)また、水や金属、コンクリートも電波を吸収しやすい物質なので、Wi-Fiルーターの周りには極力置かないようにしましょう。同じ理由で、Wi-Fiルーターを家の隅に置いていたりすると、その反対側では(通過する障害物の多さが原因で)通信速度が遅くなってしまう事があります。電波はルーターから同心円状に発信されるで、できるだけ家の中央付近に置くことで、電波を隅々まで均一に行き渡らせることができます。

 

・Wi-Fiルーター同士の干渉

マンションやアパートに住んでいる場合、近隣の部屋で利用しているWi-Fiの電波に干渉し、通信速度が低下してしまう事があります。このような場合は、電波の周波数帯のチャンネルを変えてみると改善されることがあります。Wi-Fiには2.4GHz帯と5GHz帯があり、それぞれ13チャンネルと19チャンネルが存在します。周波数帯にも特徴があり、2.4GHz帯は5GHz帯に比べ障害物に強いが通信速度が遅い、逆に5GHz帯は障害物に弱く通信速度が速いという特徴があります。なので、親機と同じ部屋にいる時は5GHz帯、別の部屋にいる時は2.4GHz帯というような使い分けもできます。話をチャンネルに戻します。本来Wi-Fiのような無線通信機は、他の無線機器が使用していないチャンネルを自動的に検索して割り当てますが、周囲に無線機器が多い場合その割り当てが上手くいかずに電波干渉が起こってしまう事があります。その場合は手動でチャンネルを変更しますが、チャンネルが近いままだと同じく電波干渉が起きてしまうので、周りの無線機と4チャンネル以上は離れるように設定しましょう。


・接続機器の数

Wi-Fi接続の特徴として、複数の機器への同時接続があります。同じ回線を利用することで、端末同士でのデータ通信が可能になります。しかし、同時接続している端末が多すぎると速度低下の要因になります。モバイルWi-Fiなら5~10台程度、据え置きのルーターなら10台以上の同時接続が可能ですが、あまり多く接続すると回線が混雑してしまいます。カフェや公共施設などの公衆無線LANでも、接続が多く通信速度が低下することがあります。使っていない機器はWi-Fi接続を切っておくといいかもしれません。

他にも、通信速度の低下にはプロバイダ側の問題やルーター自体の接触不良、単純にルーターの規格が古い等が考えられます。プロバイダ側の問題はこちらではどうしようもありませんが、ルーターの接触不良の場合はケーブルを繋ぎなおしてみたり、再起動させてみたりすると改善されることがありますので、試してみましょう。

 

通信速度でなく動作が重たい場合

 

通信速度が遅いとき、使用しているパソコンやスマホに原因があることがあります。多いのがメモリ不足です。メモリとは、その端末が一度に処理できる容量の事で、よく作業机に例えられます。

メモリが不足する原因としては、そもそもパソコン、スマホのスペックが低かったり、一度に複数のソフトウェアを起動したり、空き容量が少なかったりなどが挙げられます。メモリ不足を解消するには、不要なデータやキャッシュを消して空き容量を増やしたり、ソフトウェアの同時使用を最小限に抑えたりする方法があります。

また、パソコン、スマホがウィルスに感染している場合も考えられます。ウィルスは回線を遅くするだけでなく、データを破損させたり盗み見たりする悪質なものもあるので、セキュリティソフトなどを使ってしっかり対策しましょう。

 

夜にインターネット回線の速度が遅くなる理由について

 

インターネットの回線が遅いとストレスが溜まりますよね。ページがなかなか切り替わらなかったり、数秒ごとに動画が止まってしまったり、データのダウンロードに数十分もかかったりなんてこと、皆さんも一度は経験したことがあると思います。せっかく仕事が終わって休憩しようと思っても、これでは逆にイライラしてしまいますね。

調べてみると、特に夜になると回線の遅さを感じる人が多いみたいです。では、夜にインターネットの回線が遅くなる原因と対策を見ていきましょう。

 

インターネット回線が遅くなる原因とは

 

そもそもインターネットが遅くなる理由は何なのでしょうか。その原因と対処法を紹介していきます。

(1)アクセスが集中している

回線が込み合っている、アクセスが集中している、なんて文面を目にしたことがある人も少なくないと思います。サーバーが混みあっているなんて言い方もします。どういう事かというと、大勢の人が同じ時間に同じ回線にアクセスすることで、データを供給する側のコンピュータが処理しきれなくなってしまう事です。しばらくは応答を返すこともありますが、この状態が長く続くと、サーバーがダウンして全く応答しない状態になってしまいます。対処法としては、時間をおいてからまたアクセスする他ありません。つながらないからと言って更新ボタンを押しているとサーバーがダウンしてしまう原因になります。

(2)無線ルーターの環境

無線LANを使用している場合、ルーターの環境に原因があることがしばしばあります。ルーターを置く位置が悪かったり、接触不良を起こしていたり、そもそもルーターの規格が古く、スペックが足りていない可能性もあります。このような場合には、ルーターの接続部を確認してみる、再起動してみる、障害物の少ない場所に置いてみるといった対処方法があります。ルーターから発せられる電波は、障害物を通り抜けることができますが、その回数や材質によって減退していってしまいます。特にコンクリートの壁や、水の入った水槽、花瓶が近くにあると電波が極端に弱まってしまいます。他にも、ルーターが電子レンジや無線電話機の近くにあると、電波干渉を起こして弱まってしまうので注意しましょう。ルーターの規格が古すぎる場合は、残念ながら買い替えるしかありません。

(3)パソコン、スマホ側の問題

インターネットの回線が遅いとき、使用しているパソコンやスマホに原因があることがあります。まず多いのがメモリ不足です。メモリとは、その端末が一度に処理できる容量の事で、よく作業机に例えられます。メモリが不足する原因としては、そもそもパソコン、スマホのスペックが低かったり、一度に複数のソフトウェアを起動したり、空き容量が少なかったりなどが挙げられます。メモリ不足を解消するには、不要なデータやキャッシュを消して空き容量を増やしたり、ソフトウェアの同時使用を最小限に抑えたりする方法があります。ただしこれはネット回線の問題というよりは、パソコンやスマホの動作の問題なのですが、一度試してみてもいいかもしれません。また、パソコン、スマホがウィルスに感染している場合も考えられます。ウィルスは回線を遅くするだけでなく、データを破損させたり盗み見たりする悪質なものもあるので、セキュリティソフトなどを使ってしっかり対策しましょう。

(4)プロバイダ側の障害

インターネット回線を提供しているプロバイダ側で何らかの問題が生じている場合があります。事業者側がメンテナンスを行っているか、インターネット回線に何らかの負荷がかかっていると回線は遅くなってしまいます。これは私たちができる対処方法はないので、回線が復旧するのを待ちましょう。

 

夜インターネット回線が遅くなるのはなぜ?

 

では、なぜ夜になるとインターネット回線が遅くなるのかというと、先の項目の最初に話した「アクセス集中」が原因の場合がほとんどです。

世間のほとんどの人が日中働いて、夜家に帰ってからの時間をネットサーフィンに充てていると思います。走行車両が多いほど道路が渋滞するのと同じで、利用人口が多ければ多いほどネット回線は混雑してしまいます。

この対処法としては、紹介した通り、少し時間をおいてからネットに繋ぐのが一番です。もしくは、どうしても連日回線が混雑しているようでストレスを感じてしまうなら、プロバイダを変えてみるのも一つの手ではあります。ただ、アクセス集中が原因ではない可能性もあるので、まずはここで紹介した他の対処方法を試してみてもいいでしょう。

 

まとめ

 

インターネット回線が遅くなる要因には、ネット環境、回線自体、ネット端末本体それぞれが考えられますが、夜にインターネットが遅くなる一番の原因は、大勢の人がネットサーフィンをすることによるアクセス集中によるものです。ただ、その原因を一目で見分けるのは難しいので、ここで紹介した解決方法を是非いろいろと試してみてください。