WiMAXの通信量を確認する方法、通信制限を避けるには

WiMAXの魅力は何といっても通信制限が無制限、もしくは制限があっても緩いことですよね。ただし、制限が緩いといっても引っかかってしまうとその時ばかりはストレスが溜まってしまいます。そこで今回はWiMAXをストレスフリーで賢く利用するために、通信量の確認方法と通信制限の避け方について紹介します。

WiMAXの通信制限

WiMAXはプランにもよりますが、ほぼ無制限でデータ通信が行えます。例えば@nifty WiMAXでは、ギガ放題プランと通常プランがあります。ギガ放題プランではハイスピードモードを月の通信制限なしで通信できますが、3日で10GBを超えると翌日の18時から翌々日の2時まで速度制限がかかります。ただしこの制限は1日で解除されます。また、ハイスピードプラスエリアモードを月7GBの制限で利用できます。通常のプランだと、両モードとも月7GBの制限があります。

 

通信量の確認の仕方

WiMAXの通信量の確認方法は、(1)WiMAXルーター画面からの確認、(2)プロバイダの公式ホームページからの確認、(3)専用アプリからの確認の3つの方法があります。

(1)WiMAXルーターの画面

直近3日間の通信量や1か月間の通信量はWiMAXルーターの画面から確認できます。WX02以降の機種に搭載されている「通信量カウンター」という機能ですが、WiMAXルーターの画面から確認できるのはあくまでデータ通信量の目安の数値であり、正確な通信量を知りたい場合はプロバイダのマイページか専用アプリから確認する必要があります。

(2)プロバイダの公式ホームページからの確認

契約しているプロバイダがUQコミュニケーションズ、@nifty、GMOとくとくBB、So-net、の場合、各プロバイダの公式ホームページからデータ通信量を確認できます。UQコミュニケーションズは「My UQ」、@niftyは「会員サポート」、GMOとくとくBBは「BB  Navi」、So-netでは「マイページ」での確認となります。ここでは正確なデータ通信量の他にも契約プランの変更から契約者情報の変更、ハイスピードモードとハイスピードプラスエリアモードの切り替えも可能です。

(3)専用アプリでの確認

いちいちホームページにログインするのが面倒だという人には、専用アプリで確認する方法もあります。アプリを起動するだけで一目で現在の通信量が分かるもので、アプリによっては音楽データをあと何曲ダウンロードできるのか、動画はあと何時間視聴できるのかなど、詳しい目安が表示されるので非常に便利です。

 

WiMAXの通信制限

WiMAXは通信量が一定のGBを越えると速度制限がかかってしまいます。WiMAXには通信制限の種類が大きく分けて二つあり、ひとつは通常のハイスピードモードの通信制限、もうひとつはハイスピードエリアモードの通信制限です。まず気を付けてほしいのは、WiMAXは速度制限の解除方法がないという点です。携帯電話などでは追加でギガを購入するなど方法はありますが、WiMAXの場合は解決方法が「待つ」しかないので、速度制限にかからないことが重要になります。

(1)ハイスピードモード

ハイスピードモードの通信制限はプランにより異なり、ギガ放題プランでは直近3日間の通信量が10GB、通常プランでは月7GBを超えると通信制限がかかります。ギガ放題プランの通信制限は3日で10GBを超えてしまうと翌日の18時~翌々日の2時までの間速度制限がかかります。通常プランでは7GBを越えた時点から月末まで速度制限がかかります。

(2)ハイスピードプラスエリアモード

ハイスピードプラスエリアモードは、WiMAX回線と4TLTE回線を併用してWiMAX回線では電波が届かない、接続が不安定な場所での通信を行うための機能です。このハイスピードエリアモードは通常のハイスピードモードとは別に、月7GBの通信制限があります。注意しなければならないのは、ギガ放題プランでもこのハイスピードエリアモードの通信制限を超えてしまうと、モードを切り替えても月末まで速度制限が解除されないという点です。

 

通信制限の回避方法

通信制限の回避方法としては、スマホ回線とWiMAX回線をこまめに使い分けることが大事です。ギガ放題プランなら3日間で10GBを越えなければ無制限に通信ができるので、普段はスマホ回線を利用し、大きいデータを通信する時はWiMAXで、通信量を確認しながら計画的にするとよいでしょう。また、今回通信制限の回避方法として一番気を付けなければならないのはハイスピードプラスエリアモードについてです。このモードは契約プランにかかわらず月7GBを越えてしまうと速度制限がかかってしまうので、必要な時以外は極力使わないようにしましょう。

 

どうしても速度制限を解除したい場合

先ほども書きましたが、WiMAXには速度制限を解除する方法がありません。なのでどうしてもという場合は、(1)スマホのキャリア回線を利用する、(2)公衆無線LANを利用する、(3)テザリング機能を利用するなどの方法をとりましょう。(1)、(3)は場合によってはギガを追加購入したりオプション料を支払う等必要になりますが、公衆無線LANはコンビニや駅などの公共施設に設置されている場合が多いので無料で利用できます。

 

まとめ

WiMAXの通信制限についてまとめてみました。WiMAXは通信制限にかかると解除方法がないのでいかに制限を越えないかが重要になってきます。そのためにはルーター画面や専用アプリを使ってこまめに通信量を確認することと、スマホキャリアの回線とWiMAXとを使い分けることが大事になります。また、ハイスピードプラスエリアモードを利用する際は通信量に十分気を付けて通信するようにしましょう。