WiMAXとポケットWi-Fiの違いを簡単に解説します

 

皆さんはWiMAXとポケットWi-Fiをご存じですか?どちらもまったく異なるサービスなのですが、小型ルーターを持ち歩いて外でも高速通信が可能という点ではとてもよく似ているので、混同してしまっている人も少なからずいると思います。

契約を考えている人も両者の違いを知らないと、どちらがいいのか迷ってしまう所だと思います。そんな人の為に今回は、WiMAXとポケットWi-Fiの違い概要からメリット・デメリットまで、簡単にまとめてみようと思います。

 

ポケットWi-Fi(モバイルWi-Fi)とは

 

そもそもWi-Fiとは、ケーブルを用いずにワイヤレスでLAN接続する通信規格のひとつです。無線ルーターから発信される電波により、電波が届く範囲の限定的な空間ではありますが、スマホやタブレットといったモバイルデバイスからパソコンやプリンターなどの大きな機器まで同時にネット回線に接続し、機器間でのデータのやり取りを可能にします。

この無線ルーターを小型化し持ち歩けるようにしたものが、いわゆるポケットWi-Fi(モバイルWi-Fi)です。

据え置きのWi-Fiルーターは固定回線を親機に繋ぐことでネット回線に接続していますが、ポケットWi-Fiは携帯電話の通信網を利用してネット回線に繋ぐので、固定回線のない屋外でもWi-Fi接続が可能となります。

ちなみに、Y!mobileが提供するモバイルWi-FiルーターにポケットWi-Fiと商標登録されているものがありますが、一般的にポケットWi-FiとモバイルWi-FiはどちらもモバイルWi-Fiルーターを指す呼称として、同じ意味で世間に広まっています。

ここでも、ポケットWi-Fiの表記は特定の商品ではなく一般的なモバイルWi-Fiルーターの呼称として用いています。

Wi-Fi回線の最大のメリットは、データ通信量が無制限という点です。大容量のデータ通信や動画の視聴など、スマホだと気になるデータ通信もWi-Fi回線に繋げば気にする必要はありません。

また、最近はカフェやコンビニ、公共施設に多く設置されている公衆無線LANなどもあり、外出先でも手軽にWi-Fiを使ってネットに繋ぐことができますが、不正アクセスやデータののぞき見など、セキュリティ面での不安があります。

一方でポケットWi-Fiは個別のSSIDと暗号化キーが用意されているので、公衆無線LANに比べ安全です。

また、ポケットWi-FiにはauやDoCoMoなどの携帯電話キャリアが販売しているものと、UQモバイル、ワイモバイルといったMVNO業者や家電量販店が販売しているものがあります。前者はキャリアが独自販売しているモデルが中心で、そのキャリアのSIMしか使えない「SIMロック」が施された端末であることが多いですが、SIMフリー端末はキャリアに縛られることなくどのSIMでも利用することができるので、格安のSIMを用いてランニングコストを大幅に抑えることができます。

ただし、その場合は面倒な初期設定を自分でしなければならなかったり、大手キャリアよりも通信速度が若干落ちてしまいます。注意しなければならないのは、ポケットWi-Fiは携帯の通信網を利用しているので、携帯の電波が届かない地域では使えなくなってしまうことと、WiMAXも同様ですが電池が切れると使えなくなってしまうことです。

 

WiMAXとは

 

WiMAXとは、正式名称を「Worldwide Interoperability for Microwave Access」という無線通信技術で、日本では2009年よりUQコミュニケーションズがこの技術を用いて無線通信サービス(UQ WiMAX)の提供を開始しました。

2013年には通信速度が向上したWiMAX2+の運用も始まり、電波範囲も急速に拡大しています。先発の旧WiMAXは2020年に停波予定よなっており、旧WiMAXからWiMAX2+サービスへの切り替えが勧められています。

WiMAX(簡単の為、WiMAX2+を含むサービス全体をWiMAXと書きます)の仕組みは、小型無線ルーターが、街中にあるUQコミュニケーションズの基地局からの電波を受信することでWiMAX回線を用いたネット接続を可能にする、WAN接続を利用した方法です。

WiMAXの特徴としてまず挙げられるのが、その通信の速さです。

一般に、通信速度は下り10~20Mbpsあればストレスなく通信可能といわれていますが、最近のWiMAX(WiMAX2+)の下り最高速度はそれを遥かに凌ぐ1.2Gbpsとなっています。これは、1Gbpsの光回線を上回る通信速度です。

同じく上げられる特徴として、通信制限の緩さがあります。WiMAXにも通信量制限があるものもありますが、ほとんどは直近3日で10G程度のような緩いもので、制限自体も1日で解除されます。大きなデータ通信を行うときはWiMAXを使うなど、スマホと使い分けることでデータ通信を無制限に利用することができます。

また、WiMAXを自宅の固定回線にする場合、光回線などの他の回線に比べて低コストにすることができます。

固定回線の月額料金は一般的に月4000円~6000円程度なのと比べ、WiMAXは、プランにもよりますが月3000円程度で済みます。一方で、WiMAXの電波は、携帯電話の通信網(3G、4GLTE)に比べると障害物に弱く、周辺環境によっては電波が接続できない場合があります。地域によっては基地局の数も少なく、特に山間地域や地下などは、場所によっては全く接続できないこともあるので注意が必要です。

また、WiMAXは解約をする場合、契約更新月以外のタイミングで手続きを行うと高額な違約金が発生してしまいます。解約を検討する際は、更新月をしっかり確認しておきましょう。

 

まとめ

 

ポケットWi-FiとWiMAXは、どちらも小型のルーターを持ち歩くことで屋外での高速通信を可能にするツールです。コスト面では、格安SIMの有無やプランにもよりますが、ほとんどの場合WiMAXのほうが安く済みます。

一方で通信の安定性では大手キャリアのポケットWi-Fiが優勢です。ただし、地域によってはどちらかしか繋がらないといった場合もあるので、購入する際はよく確認しておきましょう。